ペットの健康寿命

主なペットの健康寿命を知っておくと便利です

ペットの健康寿命

 

ペットは生き物ですので、寿命が存在します。

 

食事・食育などの質が原因で、ペットでも長生きできなかったり、無事に健康で長生きできたりします。

 

なのでペットフードの資格を取っておくと、とても役立つのですね。

 

 

 

おおまかな健康寿命を知っておくと、食育でも役立ちます

 

このペットの健康寿命を知っておくと、普段の食育でも役立つかもしれません。

 

参考までに、おおまかな健康寿命も書いてみます。

 

犬と猫の健康寿命

 

まず10年から15年です。

 

10年から13年とされています。

 

ただこれは品種によって若干の差がありますから、よく調べるようにしてみるといいですね。

 

うさぎの健康寿命

 

次に人気なのが、うさぎですね。

 

約7年前後の寿命ですが、10年生きたという例もあります。

 

ハムスターの健康寿命

 

初心者に買いやすいペットは、ハムスターですね。

 

ハムスターは大まかに分けて、普通のハムスターとドワーフハムスターと分けることができます。

 

ゴールデンハムスターとドワーフハムスター

 

普通のハムスターであるゴールデンは5年程、ドワーフに分けられるジャンガリアンやキャンベルは2年半から3年が寿命です。

 

ハムスターはその性質上徐々に老けることは少なく、死ぬ1か月前頃からなんとなく動きがよぼよぼとしてくるようになります。

 

なので、日ごろからよく観察することが大切なのですね。

 

鳥類の健康寿命

 

鳥類もペットとして人気ですが、その寿命は注意が必要になります。

 

手乗りサイズの十姉妹やインコは10数年の寿命です。

 

ですが、近年人気のヨウムなどのオウムタイプの鳥は寿命が50年以上のケースがほとんどです。

 

 

きちんとした食生活で寿命も延びます

 

ペットによっては本当に寿命が長かったりしますが、それはきちんとした食生活を送ることが大事です。

 

ペットの食育・・というのは、健康寿命をまっとうする意味でも重要なことなのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


page top