ペット 食事 資格

ペット食育士、ペットフードアドバイザー・・ペットの食育資格

ペットの食育に関する資格

 

人間にとって食事が大切なように、ペットにとっても食事はとても大事です。ですがペットの食事について無知なこともたくさんありますよね。

 

人間が食べて大丈夫だからペットにとっても大丈夫ではなく、ペットにとって重大な症状を引き起こしてしまうものもあります。

 

ペットは家族で、寿命が人間よりも短いですが、なるべく長生きしてほしいですよね。

 

 

ペットの食事に関する資格の種類について

 

それにはやはり食事は大きなポイントです。

 

そこでペットの食事に関して自分がしっかり把握するためだったり、少しでも多くの人にペットの食事について知ってもらうために、自分がアドバイスする立場になるためにペットの食事・食育に関する資格を取得したいという人も増えています。

 

このペットの食事に関する資格というのは、実は1つではありません。

 

いくつか種類があるのですが、具体的にどういうものがあるでしょうか?

 

ペット食育士

 

というと、まず「ペット食育士」というものはあります。

 

APNAでペット食育准指導士養成講座を受講した人が、ペット食育士養成講座、さらに上級のペット食育上級指導士養成講座・・・を順に受講していくことができます。

 

約4日間の研修を行ったあと、筆記試験、レポート、面接試験があり、合格した後も新しい知識をしっかり習得するため、継続学習や更新制度もあります。

 

ペットフードアドバイザー

 

民間資格なので、いろいろな種類のペットの食育資格がありますね。

 

その中でも「ペットフードアドバイザー」というのをよく見たり聞いたりします。

 

ペットフードアドバイザーは、日本動物医療コンシェルジュ協会が行っているペットの専門資格のひとつで、通信講座で学ぶことができるので働きながら勉強する人も多いんですね。

 

1級コースからの受講

 

まずは1級コースから受講となるのですが、犬猫の身体のしくみや必要な栄養素を学び、ペットフードや手作り食など適正な食事についての基礎を習得していきます。

 

上級資格のマスターコース

 

上級の資格としてはマスターコースなども用意されているようなので、学ぶのには奥の深いペット資格のひとつですね。

 

1級よりは難易度も上がるので、自信のある人は取得を目指してみるといいでしょう。

 

 

ペットの食育資格を取得した後は仕事もできる

 

このペット資格を取得した後で、職場で生かしている人もいますし、独自でホームページを開設したり、セミナーを行っている人もいます。

 

特にペットフードアドバイザー認定講座は、ペットの食育には活かしやすい実用的な知識や技術はマスターしやすいでしょう。

 

もちろん仕事だけではなく、自分のペットの栄養や健康のために実践的に学んでいる人もいます。

 

ペットの食事や栄養について気になることがあれば、日本動物医療コンシェルジュ協会のサイトで申込して受講してみるといいと思いますね。

 

日本動物医療コンシェルジュ協会のサイトへ

 

 

 

 

 

 

 


page top